腰の鋭い痛み・痺れを伴う腰痛でお困りの方へ

歩いていると腰の痛み・足の痺れがでる

何もしてなくても腰や足が痺れる

デスクワーク後ふとももの裏から足にかけてだるい

その痛み・しびれは神経性腰痛が原因かもしれません。

神経性腰痛とは?

腰から足の間にのびている神経が障害され、腰や足に痛み・痺れなどを起こす腰痛を神経性腰痛といいます。

坐骨神経痛も神経性腰痛に含まれます。

坐骨神経痛の場合

  • 太ももが痺れて座っていられない
  • 歩いている時に力がはいらない
  • 骨盤の後ろ辺りが痛む

などがあります。

筋肉性腰痛は痛むところを押したら気持ちいいと感じるのに対し、神経性腰痛は痛むところを押すと、鋭い痛みを感じたり、痺れが強くなることがあります。

神経性腰痛の原因

神経性腰痛

神経性腰痛が起こる原因は大きく分けて3つあります。

  1. 筋肉が硬くなり神経が圧迫される
  2. 関節の位置がずれることにより背骨が歪み、神経が圧迫される
  3. 腰部の椎間板がつぶれることにより椎間板ヘルニアとなり、神経が圧迫される

神経性腰痛を放っておくと・・・

神経性腰痛

①関節が変形する

痛みや痺れがあると、そこをかばって生活するようになります。その状態を放っておくと、日常生活で関節や骨に偏った負担がかかり、だんだんと削れて変形してしまいます。一度変形した関節や骨は元に戻りません。この状態になる前にしっかりケアしていきましょう。

②筋肉が弱くなる

痛みや痺れがある部分の筋肉は血流循環が悪くなり、筋肉の弱化が起こります。筋肉の弱化が進行すると身体のバランスが悪くなり、今まで普通に出来ていた家事や仕事ができなくなってしまうことがあります。痺れは筋肉性のものと違い、放っておいても治りません!季節の代わり目になると痛い・雨の日になると痛い場合は神経痛が残っている証拠です。早めに治療しましょう。

三鷹太子堂鍼灸接骨院でできること

当院では神経性腰痛で来院された方に、積極的に姿勢矯正をおこなっています。

姿勢矯正により背骨や骨盤の歪みが直ると神経にかかるストレスが減り、痺れが軽減します。

当院では痺れの症状が再度出現しないようにするため、積極的に運動療法(筋トレなど)も取り入れています。また当院では運動が苦手な方も無理なく筋肉を鍛えていけるよう指導しますのでご安心ください。

  • チクチクする腰痛をなんとかしたい方
  • 腰から足へかけて痛みやピリピリ感がある方
  • 歩いていると痺れ・だるさが出てくる方
  • 痛み・痺れが気になって座っていられない方

三鷹太子堂鍼灸接骨院へご相談ください。

tel.gif

PageTop

三鷹太子堂のこだわり

三鷹太子堂について

ご予約・お問い合わせ

吉祥寺院ホームページ 吉祥寺院電話
お近くの店舗 三鷹店(南銀座)
三鷹駅前院ホームページ 三鷹駅前院電話
スマホの方はクリックでTELできます
交通事故・労災・各種健康保険取扱
sp